コラム10月 (2015年10月18日 21:12)

1031日はハロウィン。

日本でもいつの間にか「仮装して大騒ぎする日」として定着してしまった感があるこの日、柚木事務所のある池袋もコスプレフェスティバルなるものが開催され、町中がそれはそれは賑やかになります。

そもそもハロウィンは元々はケルトの人たちの信仰に由来するもので、彼らの数える1年の終わりである1031日、死んでしまった人たちの霊が帰ってくると言われていたようです。日本でいうお盆のようなイメージでしょうか。そんな伝統が、時代と共に徐々に形を変えていき、現代では子どものお祭りとして楽しまれるようになったようです。

日本のハロウィンはまたそれとは別もの。イベントごとのひとつとして捉え、賑やかな町に繰り出してみれば、思いがけない新たな楽しみを発見できるかもしれません…?